Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on TumblrShare on Facebook

san_ra
香辛料の粒の小さな塊が集まり
やがて「面」となり、旨味やコクとなり、さらに「面」は「麺」と絡みあう。

点描表現を用い、印象派の新たな表現様式を確立させた画家、
ジョルジュ・スーラの絵画『グランド・ジャット島の日曜日の午後』が
脳裏いっぱいに広がりました。

―――――――ポスト印象派….!

Georges_Seurat_-_Un_dimanche_après-midi_à_l'Île_de_la_Grande_Jatte

スーラータンメンを食べてスーラに思いを馳せる。
そんな『八丁堀の木曜の午後』でした。

——————
栄康園

創業60年はだてじゃありません。
かなり辛いスーラータンメンでした。
ランパス使用で500円

卵が別売りで100円でした。
次回は辛さを抑えるため頼もうと思います。

印象派コストパー!

東京都中央区八丁堀4丁目9-13